2011年06月09日

チェロレッスンver105

5月後半をお休みしたので、1ヶ月ぶりのレッスン

同時期に始めた方たちに、ずいぶんと置いていかれた感が満載ですが、先月で6年目突入しました
ので、まずはお礼と今後の方向話し合い

ほとんど手付かずに近い、ハイポジションが入ってる曲をやりたいので、曲探しです

良い曲があれば教えてくださいね



今月末に出演する発表会用の、DUO曲   
オッフェンバック  デュエットOP50 

先日、うちの奥様が自分のピアノ生徒用にセッティングした弾き合い会に、練習がてら参加させてもらいましたが、あまりに音程が危なっかしいので、師匠にチェックしてもらいました


酷い狂いは無くて、ハーフポジションの指間が若干狭いくらいで、特に問題ない、とのこと

弾き合い会では緊張しちゃったか

本番はチェロ弾きばかりの前なので、もっと緊張するだろうなあ(>_<)



満5年を期に、指板裏に付けてたマークを止めてから、かなり音程に苦労しましたが、徐々に落ち着いてきたかな?

でも、ファーストポジションのスタートとリターン、は不安なまま


未だにこんなところで悩んでるのも悲しいですが、自分の耳と左手の感覚だけが頼りで弾いてると、知らないうちに微妙に狂って、途中開放弦を弾くとずっこけたり^m^

5年もズルしてきたので仕方ないですが、やる気になったときが鍛え処、と奮闘します



一通り、チェックの後、師匠とデュエット

自分の音は置いといて、めっちゃ美しい曲だあ^m^


今日のレッスン、行くまではどんよりしてて、休もうかとも思いましたが、やっぱ師匠の音を聴くと、毎回ゾクゾクしちゃって気持ち良い

次回もサボらないでがんばりま〜す









posted by 腹出朗SIN at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | チェロレッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月12日

チェロレッスンver104

20110409_001.jpg
4月はレッスンに行けなかったので、久しぶりでした

震災の影響もあって、仕事の予定がメチャクチャで、チェロを弾いてる場合じゃないって感じでした


今日も、直前まで帰れるかどうか分かりませんでしたが、無理やりに終わらせてレッスンへ


当然のこと、準備なし('A`)



まったくフィンガリングを考えられなかったアンサンブル曲を手取り足取り教えていただいて、頭が整理できないうちにタイムアップでした


クレンゲルのヒムヌス 4チェロ版


高いところでは、6,7ポジションだとか、5ポジで2・3指間を全音に開いたり、とほとんどやったことのないポジションばかりで、新鮮ではありました



考えてみると、この5月で、チェロ暦、満5年となりましたが、実際のところ3年目くらいから、ほとんど進歩らしい進歩もなく、指板地図は広がってません


スケールで言うと、3オクターブで止まってます(白鳥だけはもひとつ上のレまでですが(>_<))


特に去年から今年にかけては、体調やその他モロモロのために、レッスンも飛び飛びだしねえ



高望みしても無理ですが、もう少し何とかしたい、と思います


新しい曲に、ドンドンチャレンジして、指板の端まで征服したいぞお



と決意した、久々のレッスンでございました












posted by 腹出朗SIN at 21:09| Comment(2) | TrackBack(0) | チェロレッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月25日

チェロレッスンver103

昨日、気力を振り絞ってレッスン


身が入らない練習をしてたので、バッハは進展なしってことで、

オフェンバック  デュエットOP50 2・3楽章


指使いの危なっかしいところを修正してもらう


最近、1ポジから飛んで4ポジの1指位置を4指で取る3ポジ? や、4・3・1と降りてきて1と4を入れ替えて下降続行とか、半音や全音分飛び越えて4や2で取る、っていうパターンが自分の考えるパターンになって、使いこなせず不安定でネックだった2・3ポジションがやっとこさ使えるようになってきた感じ


ひととおり指使いを直して、師匠とデュエット


いまいち分かってなかった曲が、ようやく見えてきました


良い曲だあ^m^



不謹慎かもですが、やっぱチェロって楽しいです



と、喜んでたら、来月からレッスン料アップ\(◎o◎)/!


と言っても、¥2,500 が ¥3,000/@に


音楽音痴なおじさんを教えていただくには、超破格値ですね




posted by 腹出朗SIN at 12:09| Comment(0) | TrackBack(0) | チェロレッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月10日

チェロレッスンver102

3週間ぶりのレッスン


レッスン開始してすぐに、ガンガンの暖房のおかげで、調弦だだ狂い(>_<)

慌てて調弦をやり直そうとしたら、どんどん深みにはまって訳がわかんなくなっちゃいました

久しぶりに師匠に手伝ってもらって、ようやく再スタート



バッハ 無伴奏1番 アルマンド 後半


指使いはばっちりOK

最初と途中にある重音が、弾くときにパンチが入る

圧力をかけ過ぎないように、さり気なく

バッハのトリルは、色々な意見があるけど、上の音からかける方がお勧め

弾く度に弓順が変わるので、これ!っと決めちゃう

テンポは自由で良いけど、難しいところで、極端にテンポが遅くなり過ぎる

音符どおりじゃなく伸ばしてもいいところは丁寧に弾く



6月に演奏会で弾くことになった、

オッフェンバック  チェロDUO  OP50-1  

(参考音源 生徒+先生?  http://www.youtube.com/watch?v=Dz_hECIpyOY )


指使いをチェックしてもらった後、師匠と1楽章合わせ

譜面ヅラは簡単だけど、苦手の休符でカウントミス多し

2・3楽章もあって、途中♯1つから4つ(初体験:ホ長調(@_@;))に移調するところもあって、手強そうな予感^m^

でも、知らなかった曲が、だんだん見えてきて、演奏が楽しい


いや〜〜DUOって、ほんと良いもんですねえ・・・で、レッスン終了V(^0^)


posted by 腹出朗SIN at 21:44| Comment(2) | TrackBack(0) | チェロレッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月17日

チェロレッスンver101

1月と2月の前半をサボってしまったので、超久しぶりのレッスン。


細々とやってた、バッハ無伴奏1番から。


アルマンド


だいぶ前に、前半だけやってお手上げだったので、再挑戦。


1・3・4ポジションがチョコチョコ動いてどうにも音がとり難い。


ベーレンライター版には、ところどころ指番号や点線のスラーが書いてあり、実線のスラーと併記されてるとこまであってわかり難いことこの上なし。

師匠に聞くと、適当で良い、とのこと。

適当と言われてもねえ('A`)

次回、最後まで通しで聞かせて、ってことで終了。



スケールレッスン

変ロ長調(♭2個)  5度和音練習曲

人差し指拡張でとるA線のB(シ♭)が行き過ぎて低い

小指でとる音がどれも低い

自分で弾いてて分からず、師匠に一緒に弾いてもらってようやく理解できた。

相変わらずのヘッポコ耳だこと(>_<)



リー超簡単二重奏曲 No.18〜20

ほんの3〜4段の小曲ばかりで、簡単とはいうものの、フレーズの取り方だとか、和音の響きだとか、教えられることは盛りだくさん。

何度も一人で弾いた後、師匠と合わせてもらうと、もう腰が砕けるほど美しくって気持ちが良い。

1時間、こればっかりやってたいくらい。


かなり時間オーバーで終了。


やっぱ、レッスンを受けると、チェロ大好きって再認識できて楽し〜いo(^o^)oわぉ!












posted by 腹出朗SIN at 22:20| Comment(2) | TrackBack(0) | チェロレッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月16日

チェロレッスンver100

ついに100回目のレッスン

時間になおすと100時間(◎-◎)

チェロを始めて、4年と7ヶ月が経ちました

飽きっぽい性分なのに、よくも続けて来れたなあ・・・シミジミ


一向に上達しない生徒なのに、根気強く教えていただいた師匠と、アンサンブルの楽しさを実感させてくれたチェロやヴァイオリンの仲間の皆さんに感謝です




レッスンは、チェロスケールレッスンと応用フレーズ集から

ハ長調 ハイドンのセレナードとバッハ無伴奏3番ブーレ

どちらもフレーズの練習曲なので2段くらいの楽譜です


後半は、バッハ無伴奏の1番サラバンド   6番サラバンド、4チェロアンサンブル版



レッスン内容は置いといて・・・おい^m^


今日は、大きな発見がありましたv(=∩_∩=)


どうしても、中弓辺りで音が膨らんじゃう、という癖が治らずに苦労してたんですが、師匠にじっくり観察してもらい、左手でフィンガリングする際、押さえる瞬間に左手が力んで、同時に右手の弓の圧力も増してる、って指摘されました


指摘されて、自己観察しながら弾いてみると、フレーズの途中なんかに押さえた瞬間、確かに右手も力が入って音が膨らんじゃってます

発音したら弓の圧力が変わらないように気をつけて弾くと、「そうそう、今のは山になってませんよ」と

だいぶ前に、同じ事を指摘されたり修正した記憶もありますが、自分の無意識下での癖は、指摘されるまで分からないもんですねえ

って言うか、まるで進歩してないってこと(>_<)


今更ながらですが、修正です


応用フレーズ集の練習は、基本に戻れてナイスだったかな


師匠も、時々基本的なことに戻るのもすごくいい勉強になりますね、とのこと


どうしても焦って先へ先へと進みたがるのも考えものですね

ここ1年、曲の練習が続いた事もあって、積み上げる基礎の部分がおろそかになっちゃってたのかも


残り時間はどんどん少なくなりますが、初心に戻って、じっくり亀の歩みでがんばろう、なんて思った100回目のレッスンでした

















posted by 腹出朗SIN at 22:10| Comment(2) | TrackBack(0) | チェロレッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月02日

チェロレッスンver99

わお〜! 99回目のレッスン(@_@;)

回数伸びてるけど、腕は上がりませんねえ


先月はお休みしたので久しぶりでした


いつもの休み明けと同じく、今後のレッスンの進め方を相談です



先日、テキスト類を片付けてて見つけた、

上達を約束する チェロスケールレッスンと応用フレーズ集 江頭智子著
スケールレッスン.jpg

がなかなかよさ気に思ったので、師匠に見てもらってOKをもらいました

音階と、その調の有名曲が何曲かづつ入ってて、楽しそうです



それと、ちょいとだけ以前にやりかけてた、バッハ無伴奏をもう一度、今度はじっくりと仕上げて行く


その上に、たくさんあるデュエット曲を片っ端から



と、親指ポジションのテキストをチョコッとづつ


という4本立てで進めることにしました




ほぼ、曲練習ばかりで、気分の乗らないドッツアウアー113の練習曲は、しばらくお休みです



今日は、バッハの1番をどれでも、ってことで、サラバンド



一通り聴いてもらうと、


・弓を返す時にフレーズが切れる         ・・・弓先で圧が抜けないように
 
・四分音符の発音が、あいまいで途中が膨らむ   ・・・くっきり発音して減衰していく

・八分音符が続くところで、弓の使う量がまちまち ・・・意識しないと直らない

・重音部分で右手が力んでパンチが入る      ・・・さり気無く繋がるように

と、悩んでるところをすべて注意される


注意されたところを意識して弾いてみると、おお!なるほど、と気づくこと多し

やっぱ、レッスンは勉強になりますねえ


最後は、リーのデュエット曲を、師匠と気持ち良く合奏して終了  いやあ満足しました


しばらくはこのパターンでV(^0^)




posted by 腹出朗SIN at 21:43| Comment(2) | TrackBack(0) | チェロレッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月21日

チェロレッスンver98

課題曲も放りっぱなしなので、アンサンブル曲だけ持ってレッスンへ。

自分の耳だけでは判断できない音程のずれを中心にチェックしてもらいます。


音程チェック

やっぱり、ポジション移動、拡張部分で音を外すことがめちゃ多い。


恐る恐る取りに行くもんやから、余計に外してしまうのかも。

外しちゃうところは、毎回同じなのに、なんで修正できないのか不思議だったけど、師匠に指摘されて、外してる音の前の音が微妙にずれてるから、とようやく判明

2段階で外してたのね  悲しい耳だ(>_<)  でも分かったら修正できる、かな。



ボウイングチェック

盛り上がるところでの必要以上の力みボウイングで音が濁って、自分で聞いてても聞き苦しい。

意識して力まず、さらりと響かせて弾きたいところ。



問題発生

難しいフレーズを弾けるようになるために、ボウイングとセットで暗譜した箇所が、泣きのボウイング変更になって、もう一度頭をリセットしたつもりだったけど、普段は覚えが悪い左指と右腕が、前の記憶を忘れてくれずに勝手に動いちゃって暴走。

体で覚えるとなかなか抜けないもんなんやね   自分の体なのに・・・

楽譜にかぶりつかないように覚えたのに、今まで以上に楽譜にかぶりついて練習しないと、新しいパターンが染み込みません。

こりゃあ、猛練習するしかないですねえ、と師匠。  はい〜( ´Д`)=3  


2曲チェックしてもらっただけで、タイムオーバー。

あと1曲は、自己録音してチェックするしかないけど、自分の音って、聞いてると悲しくなるんよねえ(^^)  やるしかないけど



来月は、本番に向けての猛練習?、と本番が終わった後の抜け殻状態が見え見えなので、レッスンはお休みにしてもらいました。

楽しみと不安が増す毎日ですが、満足が後悔より大きくなるようにがんばりまっす(^-^)/








posted by 腹出朗SIN at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | チェロレッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月07日

チェロレッスンver97

11月出演のアンサンブル曲を見てもらいます。

苦労してるKANONは置いといて、カバレリアルスティカーナ間奏曲、アヴェベルムコルプス。


ほぼ弾けるようになってきた、とは言え、運指や音程が危なっかしいところがたくさんあって、修正してもらいましたが、練習してきたフィンガリングは、なかなかあっさりと変更できません。

ボウイングも、3拍子での1・2拍がタイでダウン、3拍目でアップ、なんていうところで3拍目が強くなっちゃう。

どうも弓のスピードが早くなるところで力んじゃうのかな(^^ゞ  要練習!



どちらもゆっくりの曲なので、きれいなビブラートを入れたいですね、ってことで後半は延々とビブラートレッスン。

師匠に左手を軽く触れてもらいながら、1指から順にビブラートをかけてみると、4指になった途端、左手甲が急に固くなります。 当然まともなビブラートもかかりません。


なぜに小指のときだけ力んじゃうのか、師匠も頭をひねり出しましたが、ああでもないこうでもない、と相談しつつやってるうちに、ちょいと閃くものが!


ビブラートって、肘から先を上下にスライドさせるイメージがあって、自分ではそうしてるつもりでしたが、小指の時だけは、何故か手首から先だけをローリングさせてるみたいです。

腕が振れてなかったんですね。  
上手く振れないから力み、力むから余計に動かない、っていう悪循環に陥ってたみたい。

もともと小指は弱い上にマムシだし、強く押さえつけ過ぎると、第2関節が伸びきってもどらなくなるという厄介な指なので、知らず知らずのうちに腕全体まで力入れてのかも。

腕の重みを指先に乗せると、マムシにはならないっていうのは分かってるはずなのに、いつの間にか忘れてました。

他の指と同じように、腕を上下スライドさせるイメージでやると、慣れないのか指先が微妙にずれちゃいますが、小指でのビブラートのイメージを、なんとか修正できた感じ。

あとは、どの指でもゆったりと腕を振って、ちりめんビブラートにならないように。


イメージはつかめました。(^_^)v

後は練習!



posted by 腹出朗SIN at 21:29| Comment(4) | TrackBack(0) | チェロレッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月16日

チェロレッスンver96

客先の9月期末で忙しいのと、自分自身の遊び計画の準備のため、連日ドタバタで、帰宅すれば酒も飲まずにバッタリ朝まで気絶、みたいな生活ですが、これだけは外せないレッスンへ。


課題曲はまったく手付かずだし、バッハもノータッチ^m^なので、なんだか合理的なフィンガリングじゃない気がしている、11月に出演するチェロアンサンブルの曲を師匠に見て貰う。


A・D線辺りは、1〜4ポジション入り乱れても音が取れるようになってきてるもののまだまだ危なっかしく、G・C線は、特に2・3ポジションが自在に取れなくて、どうしても使い慣れた1・4ポジションを選択してしまい勝ちで、上に行ったり下に行ったりとジャンプが多くてせわしないフィンガリングになってる。

1ポジから、4ポジの1(指)に移動して取る音を、拡張や移動をからめて4(指)で取ると(3ポジ?)、繋がりが楽になる曲が多いけど、ネックの肩に親指が触って、1や2で取る音程への安心感からなかなか抜け出せませぬ。


一通り弾くと、やっぱこの辺りを真っ先に指摘されます。

さっそく師匠に直してもらったフィンガリングは、音程への不安が増すものの、う〜ん、これぞ合理的だわあって思えて、これまで何度も落ちてる目のウロコが、またまた落ちました。

1の指でこれを押えると、小指(4)の位置にはこんな音が潜んでいたのね!!(@_@;) って感じ(今さら〜?^m^)

頭では分かっていても、指が分かってません。

どうしたらこういうフィンガリングをすぐさま出来るようになりますか? って聞くと、

「もちろんのことですが、た〜っくさん練習するしかありませんね」

はは〜っ ごもっとも^m^



リーの超簡単二重奏曲 No.9〜11

和音が濁るところで止めてもらって音合わせ。

濁る所、師匠には分かっても、おいらには分かりません。

じっくり音を合わせてもらうと、何となく分かるような分からないような。

自分で弾きながら、お互いの音が聞けるようになるにはどうしたらいいですか? と聞くと、

「経験値を上げると、いつの間にか聞けるようになりますよ」

これもごもっともな気がしますが、もう4年やってるのに。(深いため息・・・^m^)

即効性のある方法は無いものですかねえ・・・


で、レッスン終了。  お脳が疲れちゃいました(^^ゞ





posted by 腹出朗SIN at 22:33| Comment(2) | TrackBack(0) | チェロレッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
にほんブログ村