2012年06月21日

チェロレッスンver.115

先々週7日のレッスン

書くの忘れてた

備忘録代わりの記録だけですみません


4オクターブ音階から
C-dur A-dur G-dur F-dur


チェロ友にいつも指摘される、みっともないボウイングの修正

切り返し時に、力んだり加速しちゃったり・・・

無意識でやっちまってることなので、なかなか治りませぬHAAAA・・・・


アンサンブル曲をチョコっと

猛練習しないと上手くなるはずもないですが

マリオ・ブルネロ様が乗り移ってくれないかなあ、と考えてばかり^m^





posted by 腹出朗SIN at 10:30| Comment(0) | TrackBack(0) | チェロレッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月24日

チェロレッスンver.114

忘れてましたし、意味もないですが、6年前の5月にチェロを始めましたので、なんと、いつの間にか7年目に突入してます

バイク歴33年、ゴルフ歴25年に比べたらまだまだの経験年数ですが、目に見えて上達してた時期はとっくに過ぎ去り、やってもやっても上手くならないので悲しいし悔しいけど、いつか花開く時が来ることを信じて、たとえ5分でも毎日楽器に触るように自己暗示をかけている、今日この頃でございます^m^

4オクターブ音階から
C-dur A-dur G-dur F-dur

親指を上げるタイミングが、音階によって違うので混乱する
覚えるしかないけど
最高音付近では、指が太いので、並べて押さえると音程が広がってしまい、次の指に若干場所を譲ってあげないといけません  細い白魚のような手になりたい(>_<)


エクレス ソナタ1楽章(スズキ教本)

一通り弾くと、息が上がってしまうほど力が入ります
師匠も、・・・もっと力抜いてね、見てるだけで息が苦しくなりました・・・と^m^

もう一度弾くと、反動で脱力ばっちし(*^^)v

が、最初の1音から2音(移弦あり指使い)をもっとテヌートに  ぶつ切りに聞こえる、と師匠

延々最初の部分を繰り返し

この曲、仕上がりはまだまだ先のようですな






posted by 腹出朗SIN at 21:45| Comment(2) | TrackBack(0) | チェロレッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月10日

チェロレッスンver.113

心入れ替えて、今月もまじめにレッスン^m^

気分は超初心者の頃に戻って、4オクターブの音階が楽しくて仕方がない今日この頃です

知らないことへの興味は尽きません

ハ長調(C-dur)、ニ長調(D-dur)、ト長調(G-dur)をじっくりやって、イ長調(A-dur
)へ

調によって親指ポジションへ移行するところがまだ理解できてないのでモタモタですが、高い音の方が何となく音が取り易い気がします

4つの調が理解できたのでどんどん行きましょう、ということで残り20? 

う〜〜〜ん、先は長そうやね('A`)


音階をさんざんやった後は、エクレスのソナタ(スズキ教本No.7)

1楽章の後半に、親指ポジションが出てきて、ドンピシャ

じんわりとではありますが、指板地図が広がりつつあるのがうれしいですな

指板征服を改めて目指しますぞ(*^^)v
posted by 腹出朗SIN at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | チェロレッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月27日

チェロレッスンver.112

前に行ったのがいつだったか忘れちゃってました、なんと本年初レッスン(◎-◎)

超久しぶりに会った師匠がやつれちゃってて痛々しい
何があったか知りませんが^m^

とにもかくにも、レッスンに行く限りは多少なりとも練習しとかないと・・・ ってことで、ここ2、3日(だけ?おいおい^m^)、気持ち悪いチェロ騒音で孫を大泣きさせつつ、練習再開(^^ゞ


さて、レッスン。

近況報告で時間が過ぎちゃいましたが、とりあえず演奏可能な領域を増やしたいってことで、

スケール 4オクターブ
Cdur ,Ddur ,Gdur

で、時間いっぱいまで

4オクターブ目に入ると、もち親指ポジション使いますし、とたんに音程ヘロヘロ

高い音になると、楽器が悲鳴を上げてるような気がします

音階、エクレスのソナタ再開、と決まってレッスン終了


ところが、途中えらいことが判明しました

おいらの楽器、なんと指板が短い!(@_@;)

師匠に合わせて、Gdur(ト長調)を駆け上がると、最後の方で指板が足りませぬ(^^;

あれ??ってことで、師匠の楽器と並べると、15mmほど短いようです

新たな問題発生な感じ(>_<)
posted by 腹出朗SIN at 00:27| Comment(2) | TrackBack(0) | チェロレッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月22日

チェロレッスンver.111

2週間のレッスン間、日記も書かずに失礼しやした

12月は、どうしても飲む機会が多くて、内臓脂肪が急増し、再発しました逆流性食道炎('A`)

胃カメラ飲んで、薬飲んで、日々の暴飲暴食に耐えております


明日からも2連ちゃんorz・・・




ここ最近、レベルアップを目指して、新たな気持ちでチェロに向き合っております


曲練習はほとんどせずに、ハ長調音階4オクターブ

親指ポジションテキスト


ほとんど手つかずの領域に、ついに踏み込みました^m^

出来ないことをじっくり練習するのって、めっちゃ楽しい

1ポジで音階を弾き始めた頃の感動が蘇ります


レッスンでも、音階ばっかりやってみたい、って言うと師匠から

クレンゲルの音階テキストコピーを頂きました

全音階24種、3オクターブの楽譜です

師匠の指使いが書き込まれてます

その上はハ長調を参考に、親指ポジションまで練習するように、と



ハ長調4オクターブから

・4オクターブ目の上り下りで親指が弦から離れないように

・最後のCで、親指爪側と3指がオクターブになってるか確認(イメージより狭い)

・間隔がだんだん狭くなることに注意


イ短調3オクターブ

ト長調

で、時間切れ



師匠が欲しいって言ってた、チェロ友にもばらまいた、シリコンチューブのカバーをプレゼントして、弓にセッティングしてあげました(また記事にしたいと思いますが、弓に付けると、右手の脱力が進化します)


感謝されて1年間のレッスン終了

こちらこそ、進化しない弟子に根気強く付き合っていただいて感謝です
posted by 腹出朗SIN at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | チェロレッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月08日

チェロレッスンver110

誕生日、乗用車のナンバー、住所地番地、とすべて110ですが^m^ 、とうとうレッスンも110回目となりました。

先月休んだので、1月半ぶり。


長期にわたって休んだこともありますので、数えるのは無意味ですが、チェロを始めて5年8か月。


ここ何年かは、進歩した実感もないですが、経験値だけは多少とも上がってるのかな


毎年、演奏会などが決まるとそれしか見えなくなるので、予定の決まってないこの時期は、基礎力を高める貴重な期間です



チェロ友から頂いた、アンサンブル曲のフィンガリングをちょこっと見ていただいて、先日閃いたビブラートもチェックしてもらい、今後の方向を話し合い


まずは、3オクターブ止りの音階を4オクターブに伸ばす


まずはハ長調音階のみ


4オクターブ目は、もちろん親指ポジションです


昨年ニ長調から親指ポジションやりかけましたが、挫折してました^m^


またもや親指の水ぶくれからやり直しです('A`)


今度こそは、と指板地図の完成を目指しますダッシュ(走り出すさま)


鼻息荒く、レッスン終了

やる気がいつまで続くかは分かんないけど^m^




posted by 腹出朗SIN at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | チェロレッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月27日

チェロレッスンver109

今月はまじめに2回目レッスン

来週6日に迫った、披露宴デュオの仕上げ


伴奏の娘も一緒にレッスンを受ける予定でしたが、都合つかず

伴奏譜が気に入らないらしく、ちょこちょこ変えてるらしい

間に合うんかなあ


一緒に行くって師匠に言ってたので、お祝いまで頂いちゃって恐縮しました



弓の配分、フレーズの受け渡し、クレッシェンドでの弾き方、ピアノへの合図方法、等々、細かくチェック指導してもらって、とっても良い感じになってきました


ところどころ、盛り上がり切れないところがあって悩んでたんですが、弓の配分をしっかり決めるだけで、繋がりがものすごく良くなりました


もうぼちぼち合わせの練習もしていかなくっちゃ、ですがほぼ連日飲みに行き倒してるお父さんなので、なかなか時間が取れません


あと10日あまりだけど、もう練習するしか納得できる方法はありませんので、夜遊び控えて(^^ゞ頑張ります


どうなることやら('A`)



posted by 腹出朗SIN at 20:34| Comment(0) | TrackBack(0) | チェロレッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月15日

チェロレッスンver108

今回のレッスンで、ぴったし煩悩の数になりました^m^

今夏は、自動車業界の平日休業土日出勤とかもあって、業界の取引先が多い弱小企業は引きづられちゃって大変でした

木曜日のレッスンも行けない事が多くて、1回レッスン受けたら3回休む、みたいな事になって、師匠に申し訳ないし、もちろん腕も上がらず、ここ1年、まったく進化の実感も無くて、むしろ退化しちゃった感が一杯(>_<)


ここのところ、悩みの種なボウイングのチェックから


師匠の目が届いてない間に、手首が下がり過ぎたり弓の角度がおかしくなってたり、アップ・ダウンの切り返し近くで弓が加速しちゃったり、とチェロ友に指摘されたとおりに、変な癖が付いちゃってるようです

違和感の元は、これだったのね^m^

意識しないでやってることは修正が難しいけど、意識しないと絶対に直らないので、何とかしたい


と言っても、練習するしかないんですけどねえ



チェロアンサンブルの曲を少し見てもらってから、おもむろに別の曲を取り出して師匠にご報告


さり気なく、ここでも報告ですが、来月、うちの不肖の娘が嫁に行くことになってしまい、その披露宴で、ウエディングドレスの娘にピアノ伴奏してもらってチェロを弾くことになってしまいました


上手に持ち上げられちゃって引き受けたものの、今時の披露宴って、ほとんど余興ってしないことが多いらしく、当日の予定を聞くと、余興らしいことをやるのはおいらだけ^_^;
う〜ん、引き受けるんじゃなかった

残り時間、約20日 

気分は・・・超緊張っす滝汗


と言うことで、ディズニー「ピノキオ」の主題歌、「When You Wish upon a Star」=「星に願いを」って曲をやります

音符は簡単だけど、聴かせるのは難しい

フィンガリングをざっと見てもらって、前奏部分を師匠に手本で弾いて貰って録音

やっぱ聴かせる曲はビブラートがネックです

ビブラートばっかし見てもらってレッスン終了



ちょいと気合の入る練習が続きそうですな

まあ、失敗しちゃったら、泣いてる振りしてごまかしちゃお^m^



















posted by 腹出朗SIN at 08:41| Comment(4) | TrackBack(0) | チェロレッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月25日

チェロレッスンver107

よ〜くサボったもんです(^^ゞ

7月7日以来のレッスン


忙しさもあり、楽器の調子がいまいちだったこともあって、一日20分くらいづつしか弾いてないし、まったく触らない日も・・・


左手の人差し指、小指のタコもきれいに無くなり、痛くてビブラートもかけられません

関節力も落ちちゃって、薬指、小指にまむし頻発

建て直しにはかなりの時間が要りそうです



2ヶ月近くぶりのレッスンは、エクレスのソナタ 1楽章


ビブラートまったくかかってませんねえ、といきなり指摘されてビブラートのおさらい


タコなしの4指は痛くて痛くて顔しかめてると、どんだけサボってたん?みたいな顔されちゃったよ^m^


秋の演奏会曲をザッとフィンガリングチェックしてもらって、淡白にレッスン終了


ごめんなさい  夜遊びを控えて秋の夜長チェロにいそしみますです
posted by 腹出朗SIN at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | チェロレッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月07日

チェロレッスンver106

演奏会が終わって、呆けちゃった音楽脳に活を入れてレッスンへ


仕事の都合で、最近休みがちなこともあって、1ヶ月ぶり



ひとしきり近況報告したり、で時間が過ぎて、チェロアンサンブルの練習曲をちょいと見てもらいます

簡単そうな譜面ながら、基礎練習が疎かなのが丸バレで、いきなり2小節で止められてチェック

拡張時の親指位置が悪く、音程が上がりきってない

時々、振り返って基礎もちゃんとやらないとすぐに適当になっちゃいます



もう1曲

最近マイミクのチェロ友さんに教えていただいた


エクレスのソナタ、ト短調
Henry Eccles (1675-1745)
イギリスの作曲家。ルイ14世(在位:1643年 - 1715年)の時代にフランスで活躍していたらしい
詳細なぜか不明


1楽章

同じ音で指を入れ替えたり、音が下がるのに指が上がったり、としょっちゅうポジションが動くし、親指ポジションも使いますが、大好きなゆったりの短調で、とってもきれいな曲

どなたかの編曲版の楽譜なので、装飾音もたっぷり入ってかなり手ごわい

久しぶりに燃えそうな (▼、▼X)めらめら


ハイポジションの指使いはまったく自信がないので、師匠に手取り足取り教えていただいて時間切れ


集中してると、レッスンも一瞬で終わっちゃいますね


次回、3週間後

どこまでやれるかな^m^








posted by 腹出朗SIN at 22:24| Comment(2) | TrackBack(0) | チェロレッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
にほんブログ村