2010年02月06日

初体験

明日、月末の演奏会の打ち合わせと練習のために、神戸まで電車で行きます。

チェロを持って電車に乗るのは初めて。(汗

車で行ってもいいんですが、5月に1000チェロで広島まで行く予行演習を兼ねてます^m^


いつもは駐車場から練習場所まで旅行バッグ風に横向きにチェロを持ってますが、ケースのネックに腕を回して縦向きに持つ方法は、いつもチェロ仲間がそうやって持ってるのを見てましたので、何とかなりそうです。

・・・肩掛けベルトをどうやって取り付けてるのか、見とくの忘れた(@_@;)



新快速で約40分、すぐといえばすぐだけど、そこは初体験。

ちょいとドキドキです。


電車内では隅っこに乗ろうとは思いますが、座っていいものかどうかも悩みます。


真っ赤なチェロケースも、電車に乗るとなれば、何だか気恥ずかしいし・・・




いい大人が、たかが電車に乗るだけで悩むなよ、って声が聞こえてきそうです^m^



posted by 腹出朗SIN at 22:26| Comment(4) | TrackBack(0) | なんちゃってチェリスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月27日

悲しい復帰

今晩からチェロ練習を本格的に復活させました。

まずは楽譜整理から。 をいをい^m^


久しぶりに開いた楽譜を弾いてみると、しばらく弾かないうちに劇的に上手に・・・ なるわけも無く、楽器もへそを曲げたのか全く鳴ってくれず、響かせようとして力ずくのビブラートに力任せのボウイング。

う〜〜〜ん、もともとたいしたレベルでもなかったものが、かなり痛いレベルにまで下がってるようです。


ボチボチとリハビリしつつ、またもや亀より遅く階段を上がりなおさないといけません。


先がまた遠のいちゃったぜ(>_<)
posted by 腹出朗SIN at 23:31| Comment(4) | TrackBack(0) | なんちゃってチェリスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月20日

継続は力

あるTV番組で、ギターを何度も挑戦するんだけど弾ける様にならないっていう人に、脳科学者の先生が、少しづつでも続けてると、それが出来るために必要なピースが徐々に積み重なってきて、全てのピースが揃うと、ある時突然出来るようになる、というようなことを言われてて、妙に納得できました。


今のオイラも、チェロは上手くならないけど、頭か体の中で、上手に弾く為に必要なピースを積み上げてる最中、ってことやね。

こつこつと練習を続けて、ある日突然、バリバリ弾けるようにはなりたい。(こんな夢をよく見ます(^^ゞ)


まあ、問題は、死ぬるまでに、ピースが全部揃うことは絶対に無いってことですが・・・^m^
posted by 腹出朗SIN at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | なんちゃってチェリスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月05日

予定終了

朝から郊外の公民館に演奏用の椅子やら楽器やらを運び込み、急いでリハスタート。

小1時間で終了して10時から本番。


ピアノの先生ばかりの演奏会に、サプライズゲストというたいそうな形で出演するので、出番のない1部の間、控え室で待機してたりトイレに行ったりウロウロしてると、会場入りする地元のおば様連中が、このおじさん何者?ってな感じで怖いものでも見るようにこっそりと覗いていきます。^m^


で、奥様伴奏で「星に願いを」と、連弾ピアノと「アイネクライネナハトムジーク」を弾きましたが、たぶんメチャ寒い控え室と廊下から急にエアコンガンガンな会場に入ったもんやから、演奏してる間に調弦大狂いになったみたいで、どうにもこうにも音程フラフラになって(←腕のせいじゃないと思ってる^m^)、大汗噴出しちゃってヘロヘロで終了。(@_@;)


会場の皆さんに暖かい拍手を頂いちゃって恐縮しましたが、「アイネク」で最後のリハでも弾けなかったところがばっちり弾けちゃったり、「星に願いを」の最後の音がいつもヒョロヒョロだったのがビブラートも含めてばっちりだったり、とさすがに面の皮の厚くなった年の功で、本番には強い(^^ゞ


終了後、打ち上げに行くピアノの先生達と別れて一人帰宅。

帰った途端、気を失うように眠ってしまったのは、さすがに気疲れしちゃったからでしょうか^m^



今年の演奏会は全て予定終了です。  

さあ、自主練習再開だあ

posted by 腹出朗SIN at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | なんちゃってチェリスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月01日

私は泣かされました

先月のコンサートのチェロアンサンブルで演奏した、ヘンデルの「私を泣かせてください」

を、今週土曜日のピアノとの演奏会の場で、声楽の先生が歌われます。

伴奏はうちの奥さんなので、合わせ練習にちょいと付き合いました。


歌詞が原曲どおりでチンプンカンプンなので、歌の内容を教えてもらったんですが、要約すると

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

背景

この曲は歌劇「リナルド」の第1幕第7場で歌われるアリア。
十字軍の騎士リナルドの婚約者アルミレーナが

「私のむごい運命を涙の流れるままに嘆かせてください〜」と歌うもの。

訳詞

奈落の力をもった情け知らずのアルミーダは
懐かしい喜びの天上から私を奪い去り

ここで永遠の苦しみをもった地獄の責め苦の中に私を生きたまま閉じこめている

主よ ああ どうか私を泣かせてください


過酷な運命に涙し自由にあこがれることをお許しください

私の苦しみに対する哀れみだけによって苦悩がこの鎖を打ち壊してくれますように

奈落の力をもった情け知らずのアルミーダは懐かしい喜びの天上から私を奪い去り

ここで永遠の苦しみをもった地獄の責め苦の中に私を生きたまま閉じこめている

主よ ああ どうか私を泣かせてください

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

う〜〜ん、美しい旋律なのに、すごい歌詞やったんですねえ

チェロの時にも知ってたら演奏も変わってたかもしんない


今日の合せ練習のとき、簡単な訳を教えてもらってからじっくり聴いてると、その声楽の先生の歌に、何とも言えない雰囲気があって、何だか込み上げちゃってやばかったっす(>_<)

練習聴いてこれだったら、本番、ヤバイヨヤバイヨ(@_@;)

もう、おっさんって言われるお年頃なので、人前で泣いちゃうわけにはいきませぬ〜!






posted by 腹出朗SIN at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | なんちゃってチェリスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月26日

猛練習中?

しばらく抜け殻状態で、ボージョレーヌーボーで大騒ぎ宴会したり、プロの演奏(長谷川陽子さん)を聴きに行ったり、350キロ走って和歌山の山中にキャンプに行ったり(遊んでばかり^m^)してると、何だかチェロアンサンブルの舞台も遠い昔になってしまった感で一杯ですが、呆けてる間に、次に出演する舞台まで1週間あまりとなってしまいました。


今年の1、2月にも出演した、音楽を少しでも広めようっていう郊外の公民館での演奏活動で、うちの奥様を含む、ピアノの先生達とのコラボです。

担当の婦人会やら子供会の役員さんから、前回チェロの評判が良かったので是非もう一度、っていうリクエストがあったとかで再出演が決まりました。



今回は、ピアノ2人連弾とチェロで、「アイネクライネナハトムジーク 連弾バージョン」

と、ピアノとチェロで、「星に願いを」

をやります。   

「星に願いを」のピアノは、うちの奥さまが担当です。

「アイネク」は、1〜4楽章を短くまとめてあるんですが、昨年全楽章弾いた経験があるとはいえ、遠慮なしのハイテンポで、練習開始したときには、まったくついていけませんでした。

昨年、血豆が出来るほど練習したのに、たった1年で弾けなくなってるもんですな(>_<)


またしばらくは、毎晩奥さまの特訓が続きそうです。
posted by 腹出朗SIN at 09:18| Comment(0) | TrackBack(0) | なんちゃってチェリスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月20日

さぼり初体験

以前に一度、取引先の宴会とブッキングしたとき以外、チェロを習い始めてからほとんどレッスンを休んだことが無かったんですが、今月は最初がマイスキーのコンサート、後半は演奏会出演の後遺症(^m^)で、連続2回も休んでしまいました。


特に後半(昨日)は、先日書きましたコンサート(15日)が終ったところで、何をやるかも決めてなくて、その上何だか気力もわき上がらず、完璧なサボリです。


その前日(一昨日)、ひょんなことからお友達のレッスンを見学させてもらう事になって、自分の師匠以外の先生とそのレッスンを初めて体験しました。


当然のことながら、教え方も進め具合もまったく違うレッスンでしたが、ポイントをピシッと決めるレッスンの進め方は、理想的で好感が持てました。

一度習ってみたい気もしますが、問題は・・・  綺麗なおねえさん先生じゃなく、おじさん先生なこと  (そこ〜?!^m^)



若くて可愛らしくって心優しい(たぶん)今の師匠と縁を切ることは出来ませんが、たまに違うレッスンを受けてみるのも勉強になりそうです。



12月、1月は、チェロアンサンブルもお休みなので、自力アップの機会。

がんばるぞ〜 って思ってたら、2週間後、ピアノの先生たちの演奏会にゲスト出演、2曲。

3月、奥さまのピアノ発表会、ゲスト出演、2曲。


何だか、年中ケツカッチンな感じ^m^











posted by 腹出朗SIN at 08:50| Comment(0) | TrackBack(0) | なんちゃってチェリスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月06日

マイスキーな夜

maisky.jpg

Tシャツに楽譜カバン、タオルにネクタイ、と愛嬌のある線画や写真が入ったグッズとCDはたくさん持ってますが、ようやく生のマイスキーに会えました。(^^)v

youtubeなどで見るとすごく細身のイメージなのに、でっぷり太ったマイスキーにはビックリですが、移弦の際に松脂の粉が飛び散る様子まで見える3列目のかぶりつきでしっかりと見て聴いて来ました。


伴奏のお嬢さんは、お疲れぎみなのかいつもの感じなのか分りませんが、気だるそうな雰囲気でミスタッチも連発してたものの、マイスキーの音色に圧倒されちゃって、あんまり気になりません。


ほとんどが知らない曲ばかりで、1度だけ曲名を言った以外は終始無言のMC無しでしたが、4曲も聴かせてくれたアンコールの頭に、「おくりびと」を弾くところなんて、さすがに出稼ぎ上手^m^   アンコール4曲もすごいけど。


たぶん超高い楽器(1720年製 モンタニャーナ  匿名ファンから贈呈されたものらしい)は、最初マイクで拾ってるのかって思うくらいの大音量で驚きましたが、そのポテンシャルを最大に引き出してるって事なんでしょうね。



いやあ、いいもの聴かせて貰いました。

ちょいとテンション上がりましたので、今日から練習がんばりまっす(^^♪




  
posted by 腹出朗SIN at 09:06| Comment(0) | TrackBack(0) | なんちゃってチェリスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月30日

ジャズチェロな夜

kikkawa.jpg

以前に2度ほど聴いたことのあるジャズチェリスト、キッカワヨシヒロさんを、セレブリティなお友達がまたもや自宅に招いてコンサートをするっていうことでお邪魔してきました。(06.10.01     07.04.23 記事)


この方、左足を30センチ角のエフェクターなる録音装置に乗せ、1m以上のエンドピンを使ってスタンディングで5弦チェロを弾くんですが、左足を操作してその場で録音した音・フレーズを次々と再生させながら、その音と合奏していく、みたいなスタイルで演奏されます。


風貌は、超ロングヘアーに黒の上下、年齢不詳(けっこういってる)、といかにも怪しい雰囲気のおじさんですが演奏のパワーはすごいです。

多用されるピチカートはほんとすばらしくって、釘付けになってしまいます。

若い頃から、スタジオミュージシャンとして鍛えられてきたっていうテクニックは、プロとして当然の超絶安心レベル。

長年使われてるっぽい、年季の入った楽器も、まろやかな良い音がします。(激しく楽器をたたく箇所はへっこみ加減だし)


・・・でもねえ、この3年で3回聴いて、MCと曲目ががほとんど変わり映えしないのは、ちょいと辛いものがあります。

日本中を回られてて、そうしょっちゅうプログラムも変更できないでしょうけど、違う曲も聴いてみたいな。 違うMCも(^_-)-☆

posted by 腹出朗SIN at 08:48| Comment(2) | TrackBack(0) | なんちゃってチェリスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月24日

弦楽合奏 初合わせ

11月15日のコンサートで、チェロアンサンブル以外に弦楽合奏で1曲出演します。

昨年は、アイネクライネナハトムジーク全楽章を必死でやらせてもらったチームに今年も参加させていただきます。


本番まで、2回の合わせしかないので、結構ドキドキですが、本日緊張の初合わせ(>_<)


本番はどんな構成になるのか分かりませんが、今日はヴァイオリン4、ヴィオラ1、チェロ2。



曲は、情熱大陸・弦楽四重奏版です。



譜面自体は、難しいものではないけれど、拍の感じ方がクラシックとは根本的に違う(ウラ拍)ので、生来のリズム音痴としては、ノリノリの曲なのに乗り切れない歯がゆさを感じます。


2回の合わせでどこまで詰められるか、楽しみではあります。


久しぶりに、無謀な音源アップ、してみます。(>_<)

まだまだテンポも遅く、ぎこちなくてお恥ずかしいですが、あと1回の練習を経て出来上がる来月の本番と聞き比べてくださいね


××××

*恥をさらしてるみたいなので、音源取り下げました(^^ゞ

posted by 腹出朗SIN at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | なんちゃってチェリスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
にほんブログ村
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。