2012年04月27日

チェロレッスンver.112

前に行ったのがいつだったか忘れちゃってました、なんと本年初レッスン(◎-◎)

超久しぶりに会った師匠がやつれちゃってて痛々しい
何があったか知りませんが^m^

とにもかくにも、レッスンに行く限りは多少なりとも練習しとかないと・・・ ってことで、ここ2、3日(だけ?おいおい^m^)、気持ち悪いチェロ騒音で孫を大泣きさせつつ、練習再開(^^ゞ


さて、レッスン。

近況報告で時間が過ぎちゃいましたが、とりあえず演奏可能な領域を増やしたいってことで、

スケール 4オクターブ
Cdur ,Ddur ,Gdur

で、時間いっぱいまで

4オクターブ目に入ると、もち親指ポジション使いますし、とたんに音程ヘロヘロ

高い音になると、楽器が悲鳴を上げてるような気がします

音階、エクレスのソナタ再開、と決まってレッスン終了


ところが、途中えらいことが判明しました

おいらの楽器、なんと指板が短い!(@_@;)

師匠に合わせて、Gdur(ト長調)を駆け上がると、最後の方で指板が足りませぬ(^^;

あれ??ってことで、師匠の楽器と並べると、15mmほど短いようです

新たな問題発生な感じ(>_<)


posted by 腹出朗SIN at 00:27| Comment(2) | TrackBack(0) | チェロレッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いっぱい遊んでチェロ再会ですね!

指板が無いと弦を押さえられないってことですよね?
音が出ないってこと?
そんなに上を弾いた事無いから???

私も4オクターブ練習しようっと!
Posted by こも at 2012年05月07日 22:02
こもさん

今度、工房へ持ち込んで相談してみます

4ヶ月サボりましたので、こもさんに追いつけるように頑張りますね^m^
Posted by SIN at 2012年05月08日 22:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
にほんブログ村