2011年10月10日

弓カバー

日曜日のチェロアンサンブルで、みんなの弓の持ち方をこっそり見てたんだけど、親指は見えないので^m^レクチャーしてもらいました

チェロを始めた頃に、散々悩んだ末、そこそこ落ち着いてたのに、何だかしっくり来なくなってきた

その結果・・・またもや深みにハマりそう^m^


持ち方や、親指が当る位置は置いといて(おいおい^m^)、チェロ友達お勧めの、親指が当る位置に付けるカバーを作ってみた

ほんとは、シリコンゴムのチューブで作りたかったけど、適当なのが地元の巨大ホームセンターでも見つからず、皮のクラフトショップで見つけた薄い皮で作ってみました



弓カバー.JPG

ちょいと皮が薄すぎたかな?

ぴったりサイズを作るのはけっこう難しい

今回は試作なので、縫わずに接着剤で

でも、確かに滑りにくくなるし、けっこう良いかも


今頃になって持ち方を試行錯誤するのって、何だか恥ずかしくもありますが、秋の夜長は悩むのに最適


納得できるまでがんばってみようかな^m^








posted by 腹出朗SIN at 17:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 楽器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
にほんブログ村
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。