2011年05月06日

音程

どうやっても演奏中に自分の音を聴けないので、録音しつつ練習してます



連休中、お友達とデュオ曲の練習をやったんですが、どうにも音程が気持ち悪くて、納得できません


で、練習しつつ録音を聴いてると、自分のイメージとかけ離れた音程にびっくりです


どうやら、実音を聴かずに音符のイメージの音を聴いてる模様


悪い音程=気持ち悪い音程は、脳の防衛本能からの判断で、シャットアウトしちゃうらしいです

困った脳みそだこと


狂った音程を平気で弾いちゃう強心臓は自慢できません^m^


アンサンブルしてても、全員の音を聴ける方がいて、あ!そのDの音が低いよ、なんて言える人がいて驚愕しちゃいます

どうしたら、客観的に、自分の音も周りの音も、聴けるようになるんでしょう



最新版のサラサーテによりますと、録音と実音を交互に聴いてると、実際の音が聴けるようになる、ってことですが、この差異を埋める必要があります


ただ、録音で自分の音を聴くと、響いてない、しょぼい、音程フラフラ、の具合に、無性に腹が立ってきちゃうのがつらい(>_<)



今更ながら、ですが、自分の出してる音に、ちゃんと向き合う必要がありそうですね  


posted by 腹出朗SIN at 01:55| Comment(6) | TrackBack(0) | なんちゃってチェリスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。
録音なさるの、偉いですね。
ICレコーダーはお気に入りを買ったのですが、
録音する勇気がありません。
音符のイメージがあるって素晴らしいと思います。
録音で自己モニターしてそこに少しずつでも近づけていきたいですね。
Posted by えにお at 2011年05月07日 09:22
えにおさん

コメありがとうございます

録音するのって、究極の練習ですね

凹む気持ちに打ち勝つのがたいへんっす('A`)
Posted by SIN at 2011年05月08日 00:40
録音、録画するようにしています。
私の場合は音程よりもリズムの訂正が多いです。
数えているのにマイペースになっちゃって
伸ばし足りない!
遅くなっている!
録音聴けばはっきり解るし指摘される前に直したいと思って。
でも、嫌で耳に入る響いていない音を聴くのはガッカリします。

良い耳になりたいですね〜。
Posted by こも at 2011年05月13日 11:02
こもさん

ですよねえ  良い耳欲しいです〜

録音も録画もされてるんだあ

おいらにはそこまでの勇気がありません^m^
Posted by SIN at 2011年05月13日 13:00
色々の面で諦めが強く開き直りです!
私、弓が曲がる時が有るんです。
Posted by komo at 2011年05月14日 10:39
? 弓が曲がる???

上向いたり下向いたりってことかな^m^


おいらもしょっちゅうですよん
Posted by SIN at 2011年05月14日 20:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
にほんブログ村
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。