2011年04月21日

N響チェロ

先日放映され録画してた、NHK交響楽団のチャリティコンサートをようやくちょいとだけ見ることが出来ました

指揮者ズービン・メータさんの挨拶がとってもハートフルで、民放なら放送事故だと言われかねない、黙祷まで無音のまま流して、さすが天下の国営放送^m^


編成がいつもと違って、ど真ん中のチェロトップに藤森さんと木越さん(ちょんまげのおじさん)が二人並んでて、どっちが表か裏かわかんなかったですが、この二人が表裏に真横で並んでるところをはじめて見たような?不思議な感じ


時間がなかったので、最初のバッハ・アリアだけしか見られなかったですが、左手のリラックス具合といい、自由自在なボウイングといい、達人の演奏は、見てるだけで勉強になります


めっちゃ練習したくなりましたが、この1週間は、親戚の赤ちゃんが神奈川から疎開して来てるので夜間練習できず(>_<)


明日からの練習再開が待ち遠しいぞ


posted by 腹出朗SIN at 22:37| Comment(2) | TrackBack(0) | なんちゃってチェリスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
現場にもいたのですが、確かにどちらがトップなんだろう???と思いました。

譜めくりしていたのは木越さんな気がするのですが、メータ氏が最初に握手したのも木越さんで……。

かなり急なスケジュールだったそうなので、アサインできた人優先、という感じだったのでしょうが首席二人はめずらしいですよね。

N響アワーのアメリカ公演の録画では、第1ヴァイオリン最前列が堀さんとマロさんで、それもびっくりしたんですけど……。
Posted by うらら at 2011年04月22日 12:19
うららさん

コメントありがとうございます

現地で聴かれたんだあ 

都会がうらやましいなあ

何度聴いてもこの時のアリア、良いですよねえ
Posted by SIN at 2011年04月23日 07:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
にほんブログ村
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。