2011年03月22日

ざわつく

未だに悲惨な被災地のニュース、震災に便乗した犯罪者たちへの怒り、本性が見えてきた政治家達へのあきらめ・・・と、寄付と献血くらいしか出来ない焦燥感、容赦ない期末の忙しさに、心がざわついて仕方がないですが、足を踏ん張って自分の生活をしっかり確立して、平衡感覚を保っておかないと、いざと言うときに何も出来なくなります


気分は乗らないですが、あえて毎晩、チェロを弾いてます


ざわついた神経が、なだらかになって、癒されるのを強く感じます


チェロ弾きの端くれで助かった


もっと上手だったら、チャリティコンサートでもなんでも参加するところですが、聴く方の健康を害しちゃっては何にもならないので^m^ 今は修行を続けます

いつかはきっと


posted by 腹出朗SIN at 23:43| Comment(2) | TrackBack(0) | なんちゃってチェリスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「ざわつく」という言葉が最近の状況を上手にあらわしてくれています。
何もまともに手がつかない日が続いてましたが、
足を踏ん張って立たないといけないんですね。
大震災を経験されただけに、対処の姿勢にはっとさせられました。
僕はもう献血を拒否される年齢になってしまいましたが、そろそろ
自分の生活をしっかり立て直そうと思います。
Posted by chiibou at 2011年03月26日 12:36
chibouさん

コメントありがとうございます

そうですね 
家も家族も無くした人を思うと、がんばらなくては、と考えちゃいます
Posted by SIN at 2011年03月26日 17:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
にほんブログ村
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。