2010年10月21日

チェロレッスンver98

課題曲も放りっぱなしなので、アンサンブル曲だけ持ってレッスンへ。

自分の耳だけでは判断できない音程のずれを中心にチェックしてもらいます。


音程チェック

やっぱり、ポジション移動、拡張部分で音を外すことがめちゃ多い。


恐る恐る取りに行くもんやから、余計に外してしまうのかも。

外しちゃうところは、毎回同じなのに、なんで修正できないのか不思議だったけど、師匠に指摘されて、外してる音の前の音が微妙にずれてるから、とようやく判明

2段階で外してたのね  悲しい耳だ(>_<)  でも分かったら修正できる、かな。



ボウイングチェック

盛り上がるところでの必要以上の力みボウイングで音が濁って、自分で聞いてても聞き苦しい。

意識して力まず、さらりと響かせて弾きたいところ。



問題発生

難しいフレーズを弾けるようになるために、ボウイングとセットで暗譜した箇所が、泣きのボウイング変更になって、もう一度頭をリセットしたつもりだったけど、普段は覚えが悪い左指と右腕が、前の記憶を忘れてくれずに勝手に動いちゃって暴走。

体で覚えるとなかなか抜けないもんなんやね   自分の体なのに・・・

楽譜にかぶりつかないように覚えたのに、今まで以上に楽譜にかぶりついて練習しないと、新しいパターンが染み込みません。

こりゃあ、猛練習するしかないですねえ、と師匠。  はい〜( ´Д`)=3  


2曲チェックしてもらっただけで、タイムオーバー。

あと1曲は、自己録音してチェックするしかないけど、自分の音って、聞いてると悲しくなるんよねえ(^^)  やるしかないけど



来月は、本番に向けての猛練習?、と本番が終わった後の抜け殻状態が見え見えなので、レッスンはお休みにしてもらいました。

楽しみと不安が増す毎日ですが、満足が後悔より大きくなるようにがんばりまっす(^-^)/










posted by 腹出朗SIN at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | チェロレッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
にほんブログ村