2010年08月19日

チェロレッスンver94

午後から休暇のつもりだったのに、つまんない用事で客先へ呼び出され、結局休めないまま、目の下にくまが出来るほど疲れきってレッスンへ。(>_<)


ドッツアー No.12(たぶん)

ピチカートの音階もどき

弾き進むに連れて、ピチカートの切れが悪くなって音が流れちゃう。

切れよく、弓の量も変えて強弱ももっとしっかり付ける。



疲れきってるのか、めっちゃ眠くなってきて、バッハと親指ポジション練習曲はパス。


リーの超簡単二重奏(ベリーイージーデュエット)を、お願いしてNo.2〜6

師匠と横並びになってデュエット。


ほとんどがファーストポジションの簡単譜面だけど、あえて開放弦を使わずに2〜3ポジを織り交ぜて。


カラオケでデュエットするより緊張しましたが・・・ 

めっちゃくちゃ楽しい〜〜〜(^^♪  眠気もぶっ飛びです(^_^)v


ところどころ音が間延びしちゃうところや、曲の入り方を指導してもらいつつ、師匠の安定した音程にどっかり乗っかって、音が溶け合う気持ち良さを、これでもかってくらい堪能させていただきました。

もっと早くにこんなレッスンをしてもらうんだった。


2人っきりだと、相手の音も良く聞こえるし、音程のはずれ具合も何となく分かる気がする(何となくって(>_<))


師匠も、これは楽しいですねえ、と絶賛されるので、次回はもっと大量に楽譜用意していきます。


ちょっとだけマンネリ化してたレッスンに、新たな楽しみが増えました。






posted by 腹出朗SIN at 23:15| Comment(4) | TrackBack(0) | チェロレッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。いつも楽しく拝読。

当方もできれば師匠とデュエットを考えております。この曲集の情報をいただけると有難く存じます。今後ともよろしくお願い申し上げます。
Posted by cellokko at 2010年08月30日 01:36
cellokkoさん

こんにちは

コメントありがとうございます

リー、バッハ、ブレバール等の二重奏曲集なんですが、おいらも頂き物で、元がどんな本なのか、題名しかわかんないんです

個人情報を直メ頂きましたら、コピーして送りますよ(^_^)v

varaderoあっとhopper.jpまで




Posted by SIN at 2010年08月30日 08:16
五十のチェロで記事にしました。私の師匠は結構関心を示してくれて預かりになりました。何年か分ありますので少しづつ勉強して行こうかと思います。ありがとうございました。
Posted by cellokko at 2010年09月12日 14:57
cellokkoさん

いえいえ、お役に立てればうれしいです(^_^)v

楽しんでくださいませ
Posted by SIN at 2010年09月12日 17:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
にほんブログ村