2010年08月15日

もう一度基礎から

1日も休めなかった盆休み(と言っても3日だけ)、夜は大人しくしつつ、夏バテのダルダルな眠気に襲われつつ、じっくりとチェロの練習にいそしみました。

先へ先へ、という焦る気持ちを封印し、練習の最初はウェルナーの頭の方に戻ってボウイング、1st.ポジション、音階(C・F・G)。

最初の1年は、サポージニコフの教本をやったので、ウェルナーのド基礎あたりは初めての経験。

このあたりをやってると、チェロを習い始めてすぐの、開放弦を鳴らすだけで幸せだったころを思い出しちゃいます。


3日間、最初の1時間づつ割り当てて、うんざりしちゃう前に終了^m^

1時間弾いてると、楽器もよく鳴ってきて気持ち良い。

これからもチョコチョコ復習して、グダグダになってる部分を修正しようと思います。  



基礎練習が終われば、課題のドッツァーの練習曲、バッハ無伴奏1番ジーグ、と流して、次回レッスンでお願いしてる師匠とのデュエット曲探し。

これは、かなり前にチェロ友達に貰ったリーや、バッハや、ヤマハの楽譜がたっくさん出て来て選ぶのに悩みそう。

とりあえずは、リーのベリーイージーデュエットなる10曲を選択して、ざっと譜読みして次回レッスンに備えます。



最後に、親指ポジションをチョコッとやって、鳥の歌弾きながらビブラート練習。


・・・とここまで約3時間。 

指先ジンジンでお尻も痺れて、これが限界って感じ。


3日間で9時間。  夏季強化合宿終了! です^m^














posted by 腹出朗SIN at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | なんちゃってチェリスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
にほんブログ村