2010年07月22日

チェロレッスンver92

脱ぐことが出来ない分厚い着ぐるみを身に付けてるので、暑い夏は嫌いです。

直前までクーラーなしの現場にて仕事をしてましたので、大汗かきつつ飛んで帰ってシャワー。 休む間もなくレッスンへ。


そう言えば、ここんところ遊び呆けてて練習まったくしてない^^;



ドッツアー No.16

4分音符複付点+16分音符、4分音符付点+8分音符、8分音符付点+16分音符の連続で、ところどころスラー+スタッカート。

こういう複雑な音符は、最初のうち全く弾けませんでしたが、寝る前に↓こんなテキスト(色々なリズム取りを延々とやるの)を少しづつやってるので、最近ではイメージが掴めだしました。

text1.jpg

難しいのは、スラーで移弦しつつスタッカート。

頭では分かっても、右手に正しい情報が中々行きません(>_<)

C線で、弓先が上向いちゃう悪い癖も指摘されて散々です。

でも、何故かOKもらっちゃう。 いいのか?(^^ゞ



バッハ無伴奏は、1番ジーク。

最初のリピートまでしか読めてなくって、フィンガリングもままならず。

撃沈(>_<)  自己申告でやり直しです。



最近悩んでるビブラートをみてもらう。

1000チェロでゲリンガスさんも弾いた、唯一暗譜で弾ける「鳥の歌」を情緒たっぷりに弾きたいけど、どうしてもビブラートが細かくなってしまう。

一通り聴いてもらうと、やはり力み過ぎ、とのこと。

分かっちゃいるけど今のところどうにもなりません。

左右別々に弾いてみると原因が分かりやすいらしい。

左手だけやるとイメージに近い腕の振りになる。

弓を付けると途端に左手が力んで細かいビブラートになっちゃう。

1拍内に、1回・2回・3回・・・とビブラートの数を徐々に増やしていく練習を地道にやっていくしかないですね、と。  


師匠には申し訳ないけど、最後に、鳥の歌の出だし部分を何度もお手本演奏してもらい、イメージを焼き付けてみました。

師匠をこき使ってレッスン終了。(^_^)v

さあ、忘れないうちに練習!!









posted by 腹出朗SIN at 23:12| Comment(2) | TrackBack(0) | チェロレッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あっ!
ビブラート同じ課題だわ!

SINさんはどの指でビブラートかけるときも上手さは同じですか?
私、小指だけ誉められます。
小指の時だけ親指を離しているからかもしれません。
他の指も離してみようかな〜?
Posted by こも at 2010年07月24日 23:29
どの指も褒められません(>_<)

弓を弾かない時の左手は良い感じですが、弾くとどうしても力んじゃってちりめんになります

特に第2間接が伸びちゃう小指は一番苦手です

何とかしたいけどねえ


親指離しちゃうと指位置がずれちゃうんです

困った手です^m^
Posted by SIN at 2010年07月25日 07:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
にほんブログ村
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。