2010年06月25日

チェロレッスンver90

夏祭りで溢れかえる人をかき分けながら何とか駐車場を探しレッスンへ。

毎年、お馬鹿な若者たちが暴れるので有名になってしまった当地の祭りですが、母親の実家が祭り地域のど真ん中にあったこともあって、小さな頃から馴染んだ雰囲気に、いつも心浮かれます。


祭りのざわめきを遠くに聞きながらレッスン開始。


一からやり直そうと思ってるバッハ、無伴奏から。

前は、SUZUKIの教本でやった、メヌエットT・U

SUZUKIの楽譜でやったのはずいぶん前なのに、けっこう覚えてるもので、ベーレンライター版の楽譜ではボウイングが違ってめっちゃやり難い。

ボウイングがバラバラ^m^以外はOK  弓順をしっかり決めてくる。



親指ポジションテキスト(An Introduction to Thumb Position)

4曲目  ニ長調音階と名前忘れたどこかの国の民謡

2回ほど弾くと、くっきり親指外側に溝が2本(>_<)

一時期、ずいぶんと硬めになってタコになりかけてたのにまた一からです。



ドッツアー No.17


あっさり弾いて終わらせようと思ってましたが、簡単な出だし部分で、弓の配分がおかしいって師匠に指摘され、そこから延々と出だし部分のみ^_^;


3/4拍子で、スラーの付いた 444 4488(分音符)という簡単なところ


均等に3等分で弾く場合と、真ん中だけ多く使う場合等、使い分けたいところだけど、特に8分音符のある3拍めのほうに多く使ってアクセントっぽくなってる(楽譜ではデクレッシェンドなのに)・・・らしい(自覚なし^_^;)

何度もお手本を弾いてもらい、何度も弾いてると、なんとなく分かったような分かんないような(^^ゞ  

でタイムアップ。


しばらくはボウイングで苦労しそうな予感(>_<)



posted by 腹出朗SIN at 08:42| Comment(0) | TrackBack(0) | チェロレッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
にほんブログ村
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。