2010年05月31日

ようやく日常

頭の中で鳴り続けてた1000チェロの曲もようやく抜け、平常に戻りました。^m^


と言いつつも、1000チェロの資料を整理してると、昨日のことのように色々と思い出します。




5/17の記事にも出てくる、左前で弾いてた韓国の若い女性(18〜20歳?)とちょこちょこ話をさせてもらってたんですが、日本語は全く出来ないみたいで、もっぱら英語。



「君のザッツはすばらしくて、私たちはめっちゃ弾きやすいです。 ありがとう」

(注 : ザッツ=アインザッツ Einsatz(独)  5/17記事参照)

ってなことを話すと、満面の笑顔で応えてくれたり、本番のすべての演奏が終わって片付け始めたときには、

「ありがとう  君のおかげでうまく弾けた。 君はすばらしいチェリストだ」

と言いつつ、握手を求めると、顔を真っ赤にして握手してくれました。

(注 : 英語で話した内容がちゃんと伝わってるかは不明です  わけわかんないことをしゃべってくる変なオヤジ、なんて思ってるかも^m^)


日本語でこんなことをしゃべるとめっちゃ恥ずかしいですが、英語(英語風^m^)なら言えちゃうんだよなあ。(#^.^#)




おいらの後方には、〇〇じゃけん・・・と、やたらジャケンが耳に付く、ずらりと揃った広島熟女軍団。

写真を撮ってあげたり撮られたり、楽しく話をさせていただきました。


最後に挨拶すると、韓国のオネ〜チャンと、オニ〜チャン(おいらの事ね(^_-)-☆)が前で分かりやすく弾いてくれるから助かったわあ、と歳もあんまり変わらないおいらも若い衆扱いで褒めてくれちゃって、ちょいと照れる。




国も言葉も方言も、職業も住む町も違うたくさんの人達と、チェロという楽器を通じて一緒にすごした空間や時間は、ものすごく貴重な体験。

ほんと、チェロやってて良かった(^_^)v











posted by 腹出朗SIN at 08:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 1000チェロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして!

いつも楽しく読ませてもらってます〜♪

1000チェロ、お疲れさまでした。
私はまだチェロ初めてやっと1年なんですけど、
もし次回開催されるとしたら(絶対して欲しい!)
参加したいです♪
直前まで観に行こうか悩んでたんですが
日帰りで広島⇔横浜の往復が困難で諦めたんです(涙)

これからも楽しい記事、楽しみにしてますヽ(´∀`)ノ
Posted by papi24 at 2010年06月05日 23:18
papi24さま

コメントありがとうございます

何の行事も無いときは、誰か読んでくれてるのかな、って不安になるほどの静まり具合ですので、と〜っても励みになります(^_^)v

1000チェロは残念でしたね

次、また開催されるのは間違いないと思います

それまでに腕を上げておきましょう^m^
Posted by SIN at 2010年06月05日 23:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
にほんブログ村
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。