2010年05月22日

原爆が耳から離れない

1000チェロでの演奏曲の一つ

「原爆」  

演奏にも参加された古屋さおりさんが作曲された曲ですが、1000チェロ終了後も頭の中でエンドレスに鳴ってます


色んな方にこの曲を聴いてもらって、広島で1000チェロをやった意味を考えてもらえる事が参加者冥利だと思いますので、ようやく入手できた重い重い歌詞を載せさせて頂きます

演奏中は必死で、楽譜にも載ってない歌詞の細部まで聞き取れなかったんですが、 ↓ これです。


>>>>  原爆  >>>>>>>>>>>>>


なんと青い空よ 今日も暑くなるぞ

 
行ってきまーす 行ってらっしゃーい
 
あんちゃん、はよ帰って来いや 船を走らせるんじゃけん

 
あっ 落下傘  なんだろね

(ピカッ ドーン)


水、水、水…水、水、水を下さい 

かあちゃん 熱いよ かあちゃん 怖いよ  かあちゃん 痛いよ 
かあちゃん 助けて かあちゃん どこにいるの?

父ちゃーん、えい子、しんじー

父ちゃんが燃える えい子が燃える しんじが燃える 


やがてボロ切れのような 皮膚を垂れた両手を胸に
くずれた脳しょうを踏み 
焼け焦げた布を腰にまとって 泣きながら群れ歩いた 裸体の行列


コレガ人間ナノデス コレガ人間ナノデス
 

肉体が恐ろしく膨張し 男も女も全て一つの型にかえる

おお その真黒焦げの無茶苦茶の燗れた顔のむくんだ唇から
洩れて来る声は 『助けて下さい』と か細い静かな言葉


コレガ人間ナノデス コレガ人間ナノデス
 

父を返せ 母を返せ 年寄りを返せ 
子供を返せ 私を返せ 
私に繋がる 人間を返せ 


人間の 人間の世のある限り 

この世の(?*)平和を 平和を返せ


以下 黒い雨  雨音


追記5/23 : (?*)
〜歌詞の元になった、峠三吉さんの詩「序」 (原爆詩集1952)では
「・・・くずれぬへいわを  へいわをかえせ」  となってます。
本番では、この世の、と聴こえましたのでこう書いてますが、間違ってるかもしれません


>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>



posted by 腹出朗SIN at 10:11| Comment(16) | TrackBack(0) | 1000チェロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
天使のような澄んだ声を聴いただけで平和を祈らずにいられない強い思いが残りましたが・・
何と! 何と!
こういう歌詞だったのですね!

弾くのに必死で歌詞を聴き取る余裕有りませんでした。
歌詞を教えて貰って、聴かせてもらって
ありがとうございます。

演奏前に知っていたら涙で更に弾けなかったでしょう。



Posted by こも at 2010年05月22日 13:10
言う言葉を失ってしまう歌詞なんですよね。
これを児童合唱が歌い出したところで
「グッ」ときてしまいました。
Posted by SKG at 2010年05月22日 20:56
ああ。。。

こんな無垢な子どもたちの命ですら、
一瞬のうちに奪ってっしまったのかと思うと・・・

今もまた涙があふれてきて止まりません。
こもさんがおっしゃるように、練習の段階から知っていたら弾けなかったと思います。

貴重な録音を聞かせていただいて、ありがとうございます!
Posted by chikka at 2010年05月22日 21:43
初めまして、福岡で細々とチェロ弾いてます。
今回1000チェロ、参加しました。
ワタシは4パートでしたので、4部編成だと2パートですね。

広島は初めて訪れる地なので、日本人として、絶対に資料館へ行こうと、土曜の朝早くに広島へつき、公園へと向かいました。
そこでは地元のボランティアの方々が、本当の原爆、本当の被爆地・広島を、観光客に熱心に説明をしておられました。
被爆4号(確か、胎内被爆だと覚えてます)の方の、生の言葉と、練習での、子供たちの無垢な歌声、いたたまれない歌詞に、涙がこぼれて、まともに弾けませんでした。
合奏の度に、でした。。。

ワタシのように、心を打たれたチェリストが多くいたのですね。。。

貴重な録音と、歌詞の掲載、ありがとうございます
Posted by 田原ゆかり at 2010年05月22日 22:49
こもさん

>演奏前に知っていたら涙で更に弾けなかったでしょう

そうですね  

演奏中、子供たちの歌声で、母ちゃん痛いよ・・・っていう下りだけはしっかり聞こえてぐっっと来てしまい、周りにご迷惑をかけましたが、鼻水すすりつつの演奏になっちゃいました(#^.^#)
Posted by SIN at 2010年05月22日 23:22
SKGさん

そう 同じところです

原爆資料館でみた写真や資料が目に浮かんできて辛かったです
Posted by SIN at 2010年05月22日 23:24
chikkaさん

そう 何度聴いても息苦しくなってしまいます
Posted by SIN at 2010年05月22日 23:26
田原ゆかりさん

初めまして  コメントありがとうございます

お! 4の2パートですか!! 達人ですね^m^


原爆資料館を見られた方は この詩を聞くと耐え切れない切ない気持ちになってしまいますねえ

周りを見る余裕は無かったんですが 鼻をすする音は周辺に満ちてましたので やられちゃった方は多そうです
Posted by SIN at 2010年05月22日 23:34
あのメロディにはこんな歌詞がついていたのですね。
胸に迫ります。
当日は弾けませんでしたが、聴いているだけで涙が浮かびました。
日本人として忘れてはならない事実ですね。
貴重なものを聞かせていただき、ありがとうございます。
Posted by chacha at 2010年05月22日 23:38
chachaさん

今回は残念でしたね  次回は是非(^_^)v

歌詞はパート譜に少しだけしか載ってなくって、全体像は前日練習まで分かりませんでした

歌詞が全部分かったのは終わった後ですが(>_<)


聴けば聴くほどすごい曲ですね
Posted by SIN at 2010年05月22日 23:44
SIN さん
> 原爆資料館でみた写真や資料が目に浮かんで

私がその種の写真を初めて見たのは、もう
45年以上前、学校の図書館で「原爆の記
録」というオレンジ色のハードカバーのA
4かそれよりちょっと大きい2cmくらい
の厚さの写真集でした。それはもう、眼を
覆いたくなるような写真にショックを受け
ました。その中に1枚だけ、地下室かどこ
かに居て全く無傷の若い女性の写真があっ
てホッとしたのですが、その方も放射線障
害で早くに亡くなったと書いてあったと記
憶します。

それらの写真の一部はいまだに眼にやきつ
いています。
Posted by SKG at 2010年05月23日 07:40
SINさんへ

お久しぶりです(といってもお忘れかも)
私も広島1000チェロ出ました。なんといっても原爆の曲は練習の時から胸が一杯になりますよね。土曜日の午前中ドームと資料館を始めて見て、本場弾きながら泣きそうになったのは私だけではなかった。歌詞初めて知りました。今もまた泣きそうです。今まだ続く原爆の影響を知り、平和を祈るばかりです。歌詞を教えてくださってありがとうございました。
Posted by YUKKO at 2010年05月23日 17:01
SKGさん

たくさんの人が原爆の資料を再認識しただけでも値打ちがありますね
Posted by SIN at 2010年05月23日 21:14
YUKKOさん

コメントありがとうございます

(すみません お名前分かりませんでした  もしかしてあの時の彼女?^m^)



参加されましたか(^_^)v

自分達も含めて、少しでも多くの人に平和を祈る気持ちが少しでも広がったんなら、この曲を演奏した甲斐がありますよね
Posted by SIN at 2010年05月23日 21:20
私も広島で弾かせて貰いました。原爆の歌詞ですが、今日届いたDVDをもう一度聴きましたが、やはり、くずれぬへいわをではなく、このよのへいわを、に聞こえます。意図があって変えたのか、是非知りたいところですね。あとDVDを見て分かったのですが、古屋さおりさんというこの曲を作られた方は、いっしょに演奏していたのは了解しておりましたが、どこでどのように弾いていたか、映像で初めてわかりました。確かにあの場の感動を全部記録するのは至難の業ですが、このように記録があるだけでありがたいことだと思います。第五回を是非したいですね。
Posted by cellokko at 2010年08月11日 01:04
cellokkoさん

コメントありがとうございます

初めてDVDを観たときには、もう済んだもんだし・・・とちょい冷めた感覚で飛ばし見だったんですが、家族でしっかり見直してるとだんだんと現地に居た時の感覚が蘇ってきて、ちょっと感動しました

次回あれば良いですね
Posted by SIN at 2010年08月11日 09:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
にほんブログ村
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。