2009年10月30日

ジャズチェロな夜

kikkawa.jpg

以前に2度ほど聴いたことのあるジャズチェリスト、キッカワヨシヒロさんを、セレブリティなお友達がまたもや自宅に招いてコンサートをするっていうことでお邪魔してきました。(06.10.01     07.04.23 記事)


この方、左足を30センチ角のエフェクターなる録音装置に乗せ、1m以上のエンドピンを使ってスタンディングで5弦チェロを弾くんですが、左足を操作してその場で録音した音・フレーズを次々と再生させながら、その音と合奏していく、みたいなスタイルで演奏されます。


風貌は、超ロングヘアーに黒の上下、年齢不詳(けっこういってる)、といかにも怪しい雰囲気のおじさんですが演奏のパワーはすごいです。

多用されるピチカートはほんとすばらしくって、釘付けになってしまいます。

若い頃から、スタジオミュージシャンとして鍛えられてきたっていうテクニックは、プロとして当然の超絶安心レベル。

長年使われてるっぽい、年季の入った楽器も、まろやかな良い音がします。(激しく楽器をたたく箇所はへっこみ加減だし)


・・・でもねえ、この3年で3回聴いて、MCと曲目ががほとんど変わり映えしないのは、ちょいと辛いものがあります。

日本中を回られてて、そうしょっちゅうプログラムも変更できないでしょうけど、違う曲も聴いてみたいな。 違うMCも(^_-)-☆



posted by 腹出朗SIN at 08:48| Comment(2) | TrackBack(0) | なんちゃってチェリスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そういえばSINさんのケースのサインはこの人でしたっけ。
YouTubeでしか聴いたことないですが特にピチカートは独特ですね。
Posted by ダンベルドア at 2009年11月03日 22:09
おお! よく覚えてますねえ

そうなんです この方のサイン でした(消しちゃった^m^)

手の大きさと、ピチカートはすごいです

Posted by SIN at 2009年11月04日 07:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
にほんブログ村