2012年05月24日

チェロレッスンver.114

忘れてましたし、意味もないですが、6年前の5月にチェロを始めましたので、なんと、いつの間にか7年目に突入してます

バイク歴33年、ゴルフ歴25年に比べたらまだまだの経験年数ですが、目に見えて上達してた時期はとっくに過ぎ去り、やってもやっても上手くならないので悲しいし悔しいけど、いつか花開く時が来ることを信じて、たとえ5分でも毎日楽器に触るように自己暗示をかけている、今日この頃でございます^m^

4オクターブ音階から
C-dur A-dur G-dur F-dur

親指を上げるタイミングが、音階によって違うので混乱する
覚えるしかないけど
最高音付近では、指が太いので、並べて押さえると音程が広がってしまい、次の指に若干場所を譲ってあげないといけません  細い白魚のような手になりたい(>_<)


エクレス ソナタ1楽章(スズキ教本)

一通り弾くと、息が上がってしまうほど力が入ります
師匠も、・・・もっと力抜いてね、見てるだけで息が苦しくなりました・・・と^m^

もう一度弾くと、反動で脱力ばっちし(*^^)v

が、最初の1音から2音(移弦あり指使い)をもっとテヌートに  ぶつ切りに聞こえる、と師匠

延々最初の部分を繰り返し

この曲、仕上がりはまだまだ先のようですな






posted by 腹出朗SIN at 21:45| Comment(2) | TrackBack(0) | チェロレッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月10日

チェロレッスンver.113

心入れ替えて、今月もまじめにレッスン^m^

気分は超初心者の頃に戻って、4オクターブの音階が楽しくて仕方がない今日この頃です

知らないことへの興味は尽きません

ハ長調(C-dur)、ニ長調(D-dur)、ト長調(G-dur)をじっくりやって、イ長調(A-dur
)へ

調によって親指ポジションへ移行するところがまだ理解できてないのでモタモタですが、高い音の方が何となく音が取り易い気がします

4つの調が理解できたのでどんどん行きましょう、ということで残り20? 

う〜〜〜ん、先は長そうやね('A`)


音階をさんざんやった後は、エクレスのソナタ(スズキ教本No.7)

1楽章の後半に、親指ポジションが出てきて、ドンピシャ

じんわりとではありますが、指板地図が広がりつつあるのがうれしいですな

指板征服を改めて目指しますぞ(*^^)v
posted by 腹出朗SIN at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | チェロレッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
にほんブログ村
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。