2009年11月30日

ありがとうございます

自慢に聞こえると嫌なので、あまり触れないほうが良いと思う話題ですが・・・


いつの間にか、ブログの来訪者カウンターが、40、000を越えておりました。

たわいのない記事ばかりで恐縮しますが、ご訪問いただいた方、いただいてる方、皆さんに感謝です。

ありがとうございます。



ブログを始める前にやってました、バイク(VARADERO)の記事がメインだった「大人の雑記帳 腹出朗」というホームページが、配信停止する直前に59、000くらいのカウンターでしたので、来年辺りには個人発信分の来訪者が、トータル10万という数字になりそうです。 (ちょいとすごい(^^ゞ)



最近では、バイク関連記事はほとんど姿を消しちゃって、ほぼチェロネタばかりになってしまいましたが、乗り始めて来年で10年になるホンダ・ヴァラデロへの乗り無さ具合(年に数回のみ)や、チェロへのドハマり具合を考えると、この比率は変わりそうもありません。



ボケない限り、生きてる限りは続けたいと思ってますが、我ながら気まぐれな性分ですからどうなるか予測不能です。^m^


続けていくためのビタミンである皆さんの温かいコメントが頂けましたら、嬉しくってやる気も出ちゃってバンバン書いちゃいそうです。(←根が単純なの)

よろしく〜(^o^)/





  
posted by 腹出朗SIN at 08:45| Comment(2) | TrackBack(0) | SIN ぼやきます | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月28日

本番録音 その2

勢いで2曲目も・・・


ゴルターマン

レリジオーソ

(4声 各パート2名)


自分の中では120点の出来だと思います(#^.^#)

どうでしょうか?

posted by 腹出朗SIN at 13:32| Comment(6) | TrackBack(0) | チェロアンサンブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月26日

本番録音 その1

参加のメンバーに録音も配り終えて、既に遠い記憶となりつつありますので(ほとぼりが冷めたので?^m^)、11/15のコンサート録音、記録としてアップしてみます。


ヘンデル

私を泣かせてください

(3声:@3名  A2名  B3名)

演奏後に、男性の声で「ブ〇ボー」っていう声が微かに入ってますが、決して仕込みじゃありません^m^


posted by 腹出朗SIN at 18:25| Comment(4) | TrackBack(0) | チェロアンサンブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

猛練習中?

しばらく抜け殻状態で、ボージョレーヌーボーで大騒ぎ宴会したり、プロの演奏(長谷川陽子さん)を聴きに行ったり、350キロ走って和歌山の山中にキャンプに行ったり(遊んでばかり^m^)してると、何だかチェロアンサンブルの舞台も遠い昔になってしまった感で一杯ですが、呆けてる間に、次に出演する舞台まで1週間あまりとなってしまいました。


今年の1、2月にも出演した、音楽を少しでも広めようっていう郊外の公民館での演奏活動で、うちの奥様を含む、ピアノの先生達とのコラボです。

担当の婦人会やら子供会の役員さんから、前回チェロの評判が良かったので是非もう一度、っていうリクエストがあったとかで再出演が決まりました。



今回は、ピアノ2人連弾とチェロで、「アイネクライネナハトムジーク 連弾バージョン」

と、ピアノとチェロで、「星に願いを」

をやります。   

「星に願いを」のピアノは、うちの奥さまが担当です。

「アイネク」は、1〜4楽章を短くまとめてあるんですが、昨年全楽章弾いた経験があるとはいえ、遠慮なしのハイテンポで、練習開始したときには、まったくついていけませんでした。

昨年、血豆が出来るほど練習したのに、たった1年で弾けなくなってるもんですな(>_<)


またしばらくは、毎晩奥さまの特訓が続きそうです。
posted by 腹出朗SIN at 09:18| Comment(0) | TrackBack(0) | なんちゃってチェリスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月20日

さぼり初体験

以前に一度、取引先の宴会とブッキングしたとき以外、チェロを習い始めてからほとんどレッスンを休んだことが無かったんですが、今月は最初がマイスキーのコンサート、後半は演奏会出演の後遺症(^m^)で、連続2回も休んでしまいました。


特に後半(昨日)は、先日書きましたコンサート(15日)が終ったところで、何をやるかも決めてなくて、その上何だか気力もわき上がらず、完璧なサボリです。


その前日(一昨日)、ひょんなことからお友達のレッスンを見学させてもらう事になって、自分の師匠以外の先生とそのレッスンを初めて体験しました。


当然のことながら、教え方も進め具合もまったく違うレッスンでしたが、ポイントをピシッと決めるレッスンの進め方は、理想的で好感が持てました。

一度習ってみたい気もしますが、問題は・・・  綺麗なおねえさん先生じゃなく、おじさん先生なこと  (そこ〜?!^m^)



若くて可愛らしくって心優しい(たぶん)今の師匠と縁を切ることは出来ませんが、たまに違うレッスンを受けてみるのも勉強になりそうです。



12月、1月は、チェロアンサンブルもお休みなので、自力アップの機会。

がんばるぞ〜 って思ってたら、2週間後、ピアノの先生たちの演奏会にゲスト出演、2曲。

3月、奥さまのピアノ発表会、ゲスト出演、2曲。


何だか、年中ケツカッチンな感じ^m^











posted by 腹出朗SIN at 08:50| Comment(0) | TrackBack(0) | なんちゃってチェリスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月16日

コンサート終了

20091115_002.jpg

楽しい楽しい音楽の時間が終ってしまいました。


8人でのチェロアンサンブルなんて聴いたことないよ、って人がほとんどなので、関係者の皆さんに褒められまくってちょいと照れくさいです。


演奏を聴いて、チェロやってみたいって方やメンバーに入れて欲しいって方、刺激をもらったので色んなことにチェレンジしてみようと思った、等等、聴かれた方々に色んな声掛けを頂いて、こちらの方こそ感激してしまいました。  ありがとうございます。


演奏については、3曲の内、1曲だけ一部縦線が乱れるところがあって焦りましたが、録音チェックすると、じぇんじぇん大丈夫!  個人的には許容範囲!!でした^m^


チェロ8台での演奏は、小さなミスなんて関係ないってくらい、アンサンブル名「ル クール」 (日本語訳=心)の名前がぴったりの、重厚ですばらしいものだったと思います。涙


時間が出来れば、また録音アップしてみたいと思いますが、しばらくは、抜け殻です。^m^




聴きに来て頂いた方、ありがとうございました。

出演者の皆さん、お疲れ様でした。
posted by 腹出朗SIN at 09:11| Comment(4) | TrackBack(1) | チェロアンサンブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月08日

本番がやってくるぞ

弦楽器って、むっちゃ楽しいよ!   上手な人もがんばってる最中の人も、一人でも多くの人が演奏したり、したくなったり、楽器をしない人も聴いて楽しんで欲しいなあ、っていう趣旨の下、今年も弦楽器大集合のコンサートが行われます。


小さな小学生低学年のヴァイオリンから、高校生、大学生の弦楽合奏、おじさんおばさん達のヴァイオリンやチェロや二胡等々、総勢100人以上。(@_@;)




わがチームは、チェロばかり8人で出演するんですが、本日最終練習日。

かなり良い線行ってると思うんですが、録音を聴いてみると、やっぱ自分の危なっかしい音程ばかりが耳につきます。(>_<)  

皆さんに迷惑をかけないためにも、最後の1週間で要チェック!  がんばります。





思い返すと、昨年は4人で出る予定が、直前に3人になってしまって、楽譜の修正(4人用を無理やり3人で演奏)や進行表の訂正でバタバタしたりお詫びしまくってぐったりしたり落ち込んじゃったり、チェロアンサンブル以外にも欲張って、自分のレベル以上の曲(アイネク全楽章ネ)を弦楽合奏で弾くことになって、本番前日深夜まで泣きながら練習したり・・・と、かなり苦労しましたが^m^、2回目の今回、その数8名と大増員! 

ほんと、皆さんよくぞ集まって下さいました。続けてて良かった。涙  

ヴァイオリンとの弦楽合奏も、控えめに1曲だけにしてもらいました。(ちょいと余裕)




8人のチェロアンサンブル、本番で弾き終わった途端、昨年の苦労(本当は苦労ってほどでもないけど(^^ゞ)が報われた〜、って舞台上で泣いてしまわないかが少々心配。^m^



まあ、趣旨どおりに楽しめたら、と願うばかりです。

メンバーの皆さん、お世話になります。


皆様へは、すばらしい演奏で恩返しさせていただきます(←ほんと?^m^)




ストリング コンサート

11月15日 13時開演
姫路パルナソスホール
入場無料







posted by 腹出朗SIN at 23:32| Comment(4) | TrackBack(0) | チェロアンサンブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月06日

マイスキーな夜

maisky.jpg

Tシャツに楽譜カバン、タオルにネクタイ、と愛嬌のある線画や写真が入ったグッズとCDはたくさん持ってますが、ようやく生のマイスキーに会えました。(^^)v

youtubeなどで見るとすごく細身のイメージなのに、でっぷり太ったマイスキーにはビックリですが、移弦の際に松脂の粉が飛び散る様子まで見える3列目のかぶりつきでしっかりと見て聴いて来ました。


伴奏のお嬢さんは、お疲れぎみなのかいつもの感じなのか分りませんが、気だるそうな雰囲気でミスタッチも連発してたものの、マイスキーの音色に圧倒されちゃって、あんまり気になりません。


ほとんどが知らない曲ばかりで、1度だけ曲名を言った以外は終始無言のMC無しでしたが、4曲も聴かせてくれたアンコールの頭に、「おくりびと」を弾くところなんて、さすがに出稼ぎ上手^m^   アンコール4曲もすごいけど。


たぶん超高い楽器(1720年製 モンタニャーナ  匿名ファンから贈呈されたものらしい)は、最初マイクで拾ってるのかって思うくらいの大音量で驚きましたが、そのポテンシャルを最大に引き出してるって事なんでしょうね。



いやあ、いいもの聴かせて貰いました。

ちょいとテンション上がりましたので、今日から練習がんばりまっす(^^♪




  
posted by 腹出朗SIN at 09:06| Comment(0) | TrackBack(0) | なんちゃってチェリスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
にほんブログ村
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。